SSブログ

「鵜戸神宮」など ('23年9月 宮崎旅行-8)

「鵜戸(うど)神宮(宮崎県 日南市)」等の紹介です。
本年(’23年)9月に3泊4日で「宮崎」へツアー旅行で相方と2人で訪れました。前回の「
「馬ヶ背」など ('23年9月 宮崎旅行-7) 」からの続きとなり旅行3日目の紹介となります。
3連泊したホテル(
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(宮崎県 宮崎市))の宿泊した部屋からの朝日です。少々、雲が多いですが3日目も天候に恵まれました。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(宮崎県 宮崎市)

朝食のブッフェです。この日もその場で作ってもらえるオムレツを頂きました。最近、朝カレーが食べられるホテルも多いですが、この日のカレーはナンも供されてインド料理屋さんで食べるようなカレーでした。
盛り付けの綺麗な相方のプレートです。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(宮崎県 宮崎市)

フルーツのデザートも頂きお腹いっぱいになりました。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(宮崎県 宮崎市)

ホテルからツアーバスを利用して、「鵜戸神宮」に向かい、南に進んで行きました。
「宮崎港」を通過しました。停泊中のフェリーは「宮崎-神戸間」を結ぶ「フェリーたかちほ」或いは「フェリーろっこう」のいずれかだと思います。

宮崎港


「九州」で4番目に長い「大淀川(おおよどがわ)」を渡っていきます。

大淀川(おおよどがわ)

「青島」辺りを通過中です。旅行初日にも見られた「鬼の洗濯板」を再度、眺められました。

鬼の洗濯板

「鵜戸神宮」に到着です。下の地図の「⑦ フェニックス・シーガイア・リゾート」から「⑫ 鵜戸神宮」まで移動してきたことになります。距離にすると50Km位となります。

DSC00159 e01

「鵜戸神宮」は「日向灘」に面した岩窟(海食洞)内に本殿が鎮座しています。縁結び、夫婦円満、安産祈願、育児、海上安全などのご利益があるとされています。

鵜戸(うど)神宮(宮崎県 日南市)

本殿に向かって進んで行きます。

鵜戸(うど)神宮(宮崎県 日南市) 

本年(23年)はウサギ年となりますが、「鵜戸神宮」の神使もウサギとなりますので、境内にはウサギの像が何箇所かで見られました。
「ウサギ」の左側に「モアイ像」の絵が描かれていました。
「イースター島」の「モアイ像」は、1960年のチリ地震や部族間抗争の影響で、80年代後半まで倒れた状態で放置されていました。日本人が修復したことがきっかけとなり、世界で初めて「イースター島」の長老会から許可を受けて、「鵜戸神宮」から約6km離れた「サンメッセ日南」に復刻されているとのことです。

鵜戸(うど)神宮(宮崎県 日南市)

階段を下りて岩窟の中の本殿に向かいます。

鵜戸(うど)神宮(宮崎県 日南市)

岩窟の中に到着です。

鵜戸(うど)神宮(宮崎県 日南市)

次の写真の説明文となります。 (Google レンズの文字認識を利用しています。)
「鵜戸神宮本殿は、鵜戸崎の日向灘に面した岩窟内に建てられている。
本殿創建の年代は不詳であるが、社伝によると崇神天皇の代に創建し、桓武天皇の勅命により、 光喜坊快久が神殿及び 仁王護国寺を再興した、と伝えている。中世には、「鵜戸六所大権現」、江戸時代以降は「鵜戸山大権現」として、日向国内外から厚い信仰を得ていた。
現在の本殿は、正徳元年(1711) に飫肥藩五代藩主伊東祐実が改築したものを明治23年(1890) に大修理を行い、 さらに昭和42年(1967) に修理したものである。 平成9年度 (1997) には屋根や内装等の修理が行われた。このよう 幾度の改修を実施したものの、岩窟内に見事に収めた権現造風の八棟造は、往時のままであり、その文化的価値は高い。」           
     
鵜戸(うど)神宮(宮崎県 日南市)

岩窟内にある本殿で参拝しました。

鵜戸(うど)神宮(宮崎県 日南市)

下にの亀のような形をした岩があり「亀石」と言われています。背中にはくぼみがあり、私たちはやりませんでしたが、男性は左手、女性は右手で「運玉(有料)」を投げ入れることができれば願いが叶うといわれています。
  
鵜戸(うど)神宮(宮崎県 日南市)

「鵜戸神宮」を後にして昼食に向かいました。

鵜戸(うど)神宮(宮崎県 日南市)

「日向夏」など、地元の飲料が多く売られている自販機がありました。写真左下に「サンA」と見られますが。「サンA」は「宮崎県農協果汁株式会社」が製造・販売している飲料会社との事で、オレンジ色のこの自動販売機は「宮崎県」では良く知られているとの事です。

鵜戸(うど)神宮(宮崎県 日南市)

本年(’23年)9月に訪れた「宮崎旅行記」は何回かに渡って紹介させて頂きますので今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。         

nice!(218)  コメント(14)  [編集]

nice! 218

コメント 14

Take-Zee

おはようございます!
親たちは私たちに留守番させてここにも来て
写真を見せられました。
 私たち夫婦は遠くへ行くことが出来ませんでした。
お写真で行った気になります、ありがとう(^-^)!

by Take-Zee (2023-10-07 08:33) 

たぃ

鵜戸神宮は見どころ満載ですね
亀石の運玉はやってみたいです
by たぃ (2023-10-07 11:43) 

JUNKO

宮崎は大昔に行きましたが、鵜戸神宮の記憶がないんですよ。行かないはずはないと思うのですが。
by JUNKO (2023-10-07 19:47) 

johncomeback

いつも拙ブログへコメントありがとうございます。
宮崎では「青島神社」に参拝しましたが、
「鵜戸神宮」には行けませんでした。
お中元で宮崎県延岡市に在住の娘婿のご実家から
日向夏の梅酒が送られてきました。
by johncomeback (2023-10-07 19:48) 

溺愛猫的女人

朝食のブッフェでナンが食べられるなんてステキですね。フルーツも多くてとても美味しそうです(*^^*)
by 溺愛猫的女人 (2023-10-07 20:23) 

yamatonosuke

鵜戸神宮へ寄れば良かったと後悔しております~
岩窟内にある本殿はお写真でも神秘的(^^♪
by yamatonosuke (2023-10-08 02:21) 

ミーミー

ホテルのバイキングの
 スイーツはイマイチが多いですが
 これは美味しそう(^^♪
 
by ミーミー (2023-10-08 07:04) 

こんちゃん

鵜戸神社は行ったことあります
亀石に運玉を投げましたが入りませんでした
by こんちゃん (2023-10-08 08:39) 

tarou

お早うございます、境港駅前にコメントを
有難うございました。
境港では、水木しげるの妖怪研究家としての
作品を見ることが出来ました。
鵜戸神宮は朱塗りの建物が綺麗ですね、亀の背に向けて
運玉投げをして来ましたか?
by tarou (2023-10-08 08:41) 

ナツパパ

朝食のバイキングってついつい取りすぎてしまいます。
それだけ魅力的な内容が多いんですよねえ。
お写真の料理も、どれも魅力的です。
旅に、出たくなります。
by ナツパパ (2023-10-08 10:01) 

横 濱男

フルーツのデザートだけでもお腹がいっぱいになりそうです。
by 横 濱男 (2023-10-08 10:47) 

やまびこ3

お写真にある亀石がスッポンぽいのが面白いですね。
朝食カレーにナンとは本格的、差別化狙ってるんでしょうか。
by やまびこ3 (2023-10-08 22:29) 

starwars2015

うさぎが神の使いをしている神社があるなんて初めて知りました。
めずらしいですね。
by starwars2015 (2023-10-09 08:39) 

an-kazu

ココもブラタモリで紹介されていましたね〜

by an-kazu (2023-10-09 10:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright © ぼんさんの記憶帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます