SSブログ
-  |  次の10件 »

2021年6月 家庭菜園 庭の花 (日常)

家庭菜園や庭の花等の紹介です。題名は6月となっていますが、本年(2021年)5、6月に撮影した写真となります。
毎年、プランターで家庭菜園を行っています。昨年と同様、今年も新型コロナウィルスの影響で外出自粛などもあり、苗を買う時期がいつもより遅くなってしまいました。毎年、栽培している「トマト」、「キュウリ」、「ナス」の苗を買うことが出来ましたが、選択肢が少なく既にある程度、結実してる苗もありました。「ミニトマト」を欲しかったのですが「中玉」しかなかったです。最近、色づき出しましたがミニトマトより少々大きめのサイズのようです。

家庭菜園 トマト
「キュウリ」も順調に結実しています。

家庭菜園 キュウリ
「ナス」も結実していますが、地面からの距離が近いので、ぶつからないうちに収穫しようと思っています。

家庭菜園 ナス
毎年、紹介させて頂いてる「小判草」で庭に自生しています。最初は緑色なのですが、徐々に小判色に変わっています。虫のようであまり好まれない方もいらっしゃいますが、「金運」に恵まれる様にに大切にしています。

小判草
小判草
そして、梅雨時期の主役は「紫陽花」です。

紫陽花
上の写真、今回よく見たら左側に虫がいるようだったので、トリミングしてみました(下の写真)。「テントウ虫」が花びらの間を移動しているように見えました。

紫陽花
まだ、ツボミもありますので、今暫く楽しめそうです。

紫陽花
紫陽花
天気の良い日の方が写真は綺麗に撮れますが、「紫陽花」には雫も似合うので、雫の付いているときにも撮影しました。

紫陽花
紫陽花
以下、写真の羅列となりますが、東京も梅雨入りになり、今暫く雨と「紫陽花」の梅雨らしい風情が楽しめそうです。

紫陽花
紫陽花
紫陽花
以前は「緑のカーテン」もやっていましたが、数年前にあまり上手く成長しなく、それ以降はやっていないのですが、また、機会があればやってみたいと思っています。

nice!(17)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:趣味・カルチャー

「桃井原っぱ公園」(東京都 杉並区)

「桃井原っぱ公園(東京都 杉並区)」の紹介です。
先日来、紹介させて頂いている「善福寺(ぜんぷくじ)公園」、「井草八幡宮」を散策したときに一緒に訪れた杉並区立の公園となり、の紹介となり、前回の「「井草八幡宮」(東京都 杉並区)」からの続きとなります。本年(’21年)5月に相方と2人で訪れました。 「善福寺公園」、「井草八幡宮」と同様、2人とも初めて訪れる場所となります。
「桃井」と言うのはこの辺りの地名です。

桃井原っぱ公園(東京都 杉並区)
上の案内図にも記載がありますが、杉並区内の新型コロナウィルスのワクチン接種場所の1つなり、以下の建物が接種会場となっています。

桃井原っぱ公園(東京都 杉並区)

元々、この場所は1925(大正14)年に「中島飛行機東京工場」として開設され、零戦のエンジンも設計・製造されていました。戦後、幾多の変遷を経て1966(昭和41)年に「日産自動車荻窪工場」が開設され、宇宙航空事業部の開発・生産拠点となった事になります。
「日産自動車荻窪工場」は1998(平成10)年に「群馬県 富岡市」へ移転し、この土地は売却され、2002(平成14)年には公園予定地の一部(約3ha)が「桃井原っぱ広場」として暫定的に開放されました。その後、公園の整備工事が開始されて、2011(平成23)年に桃井原っぱ公園として開園した歴史を持ちます(広さは約40,000㎡)。
災害救助用のヘリコプターの離着陸場としても利用できる施設ともなっています(1枚目の写真(案内図)にヘリコプターの離着陸場の位置が示されています)

↓ 「杉並区」のホームページより
https://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/kouen/04/momoi/1007363.html

「日産自動車荻窪工場」の跡地が全て公園になったわけでは無く、マンション、スーパー、そして「日産プリンス東京販売」等もあります。

桃井原っぱ公園(東京都 杉並区)

植物も色々と見られましたが、名前に疎いので写真の羅列となってしまいます。。。

桃井原っぱ公園(東京都 杉並区)

桃井原っぱ公園(東京都 杉並区)

桃井原っぱ公園(東京都 杉並区)

天候に恵まれた5月の1日の散歩で満喫することができました。

桃井原っぱ公園(東京都 杉並区)


桃井原っぱ公園(東京都 杉並区)

そして、ここ「桃井原っぱ公園」は7月17日(土)に予定されている「オリンピック・パラリンピック聖火リレー」の「杉並区」の出発地点となります。

nice!(226)  コメント(14)  [編集]
共通テーマ:旅行

「井草八幡宮」(東京都 杉並区)

「井草八幡宮(東京都 杉並区)」の紹介です。
前回の「
「善福寺池公園」-2(東京都 杉並区)」からの続きとなり、「善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)」を散策後に訪れた神社となります。
本年(’21年)5月に相方と2人で訪れました。 「善福寺公園」と同様、2人とも初めて訪れる場所となります。

「井草八幡宮」(東京都 杉並区)
九百余年の歴史を持つと伝えられ、源義経が1189(文治5)年に当地に立ち寄ったとのことです。

「井草八幡宮」(東京都 杉並区)
前々回にも紹介させて頂きましたが、言い伝えによると文治5年(1189年)、源頼朝が奥州征伐に向かう途中(1189(文治5)年)、この地で飲料水を求めるために土を掘ったのですが、折からの干ばつでなかなか水が出ず、自ら弓の筈(はず)で土を7か所掘ると、しばらくしてその7か所に水が湧き出たといわれています。水の出を「今や遅し」と待ったところから「遅の井」と命名されたとの事です。現在は泉が涸れてしまったので、新たに井戸を掘りポンプで汲みあげて「遅野井の滝」として復元しています。

東京都公園協会のホームページより:
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/view010.html


この滝は今回、紹介させて頂いている「井草八幡宮」ではなく前回、前々回に紹介させて頂いた「善福寺池公園」にあります。

「井草八幡宮」(東京都 杉並区)
そして、源頼朝が立ち寄った際に手植し奉献したと伝えられる老松「天然記念物(井草八幡の松)」(高さ約40m)があったそうですが、1973(昭和48)年に枯れてしまい、その樹根の一部が飾られいます。

「井草八幡宮」(東京都 杉並区)
そこそこの大きさのある神社となります。

「井草八幡宮」(東京都 杉並区)
朱色と新緑、そして青空が美しい5月の1日でした。

「井草八幡宮」(東京都 杉並区)
新型コロナウィルスの影響で柄杓が無い神社が多いですが、こちらの手水もそのようになっていました。

「井草八幡宮」(東京都 杉並区)
「井草八幡宮」(東京都 杉並区)
「井草八幡宮」(東京都 杉並区)
5年ごとに「流鏑馬(やぶさめ)」も行われるようです。

「井草八幡宮」(東京都 杉並区)
「流鏑馬」の的を設置する場所のようでした。

「井草八幡宮」(東京都 杉並区)
「井草八幡宮」(東京都 杉並区)「井草八幡宮」(東京都 杉並区)
私たちは「善福寺川公園」から訪れたので、「井草八幡宮」の裏の方から入りましたが、こちらが正式な参道となり、参道入り口には「大鳥居」があります。

「井草八幡宮」(東京都 杉並区)
「大鳥居」に一礼をし、「井草八幡宮」を後にしました。

「井草八幡宮」(東京都 杉並区)
天候に恵まれた日となりましたので、「井草八幡宮」を後にして近くを散策しました。その様子は次回に続きますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

nice!(230)  コメント(18)  [編集]
共通テーマ:旅行

「善福寺池公園」-2(東京都 杉並区)

「善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)」の紹介です。この公園は「善福寺川」の水源となる「善福寺池」のある都立公園となります。
前回の「「善福寺池公園」-1 (東京都 杉並区)」からの続きとなり、本年(’21年)5月に相方と2人で訪れました。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
「善福寺池」は一つの池かと思っていましたが、「上の池」と「下の池」と2つの池になっています。
そして、それらの2つ池をつなぐ水路があり、ここは「遅野井(おそのい)川親水施設」と言う場所となり子供達が水遊びをしていました。この施設は比較的最近(2018年)に整備されたとの事です。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
訪れたのは5月となりますが、既に開花している「紫陽花」や「サツキ」も見られました。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区) 
善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
亀が気持ち良く甲羅干しをしていました。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
「カワセミ」も生息してるようですが、残念ながら訪れた日には見られませんでした。鴨はたくさん見られました。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区) 

子連れの鴨です。何を食べているのかは分からなかったですが、お食事中のようでした。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区) 
善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
「下の池」には蓮が群生している場所がありました。

DSC06668 e01

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区) 
DSC06675 e01
餌をほしがっているのでしょうか? 近寄ると鯉が口を水面から出して寄ってきました。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
ここが「善福寺池(下の池)」の下流部となり、左側の石壁から「善福寺川」に水が流れ出して行くことになります。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区) 
善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
ここから「善福寺川」となります。「善福寺川」は「一級河川」となりますが、「東京都 中野区」で「神田川」に合流しますので、川の長さとしては11Km程度になります。
後で調べて分かったことですが、都市化とともに「善福寺川」の水量が激減し、昭和50(1975)年頃から上流部にはほとんど水が流れていなかったそうです。そのため、他の水系(千川上水)に流れていた下水高度処理水を、「美野山橋(下の写真の上部に写っている橋となります)」のたもとへ送水する事により水量が確保され、魚類の繁殖が可能となり、コガモやヒドリガモ、コサギといった水鳥に加え、カワセミも見られるようになったたとの事です(Wikipediaより)。
下の写真の左側から送水されるのだと思います

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
天候に恵まれた日となりましたので、「善福寺公園」を後にして近くを散策しました。その様子は次回に続きますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

nice!(238)  コメント(15)  [編集]
共通テーマ:旅行

「善福寺池公園」-1 (東京都 杉並区)

「善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)」の紹介です。2回に渡り「善福寺川緑地(東京都 杉並区)」を紹介させて頂きましたが、その「善福寺川」の水源となる「善福寺池」のある都立公園となり、本年(’21年)5月に相方と2人で訪れました。そして、2人とも初めて訪れる場所となります。
以下はバス路線図となりますので少々わかりにくいかもしれませんが、前回まで紹介させて頂いた「善福寺川緑地」は地図の右下の赤丸部となり、今回、紹介させて頂く「善福寺公園」は左側の赤丸部となります。「善福寺川」の沿って歩けばその水源である「善福寺公園」にたどり着く事になりますが、直線距離でも5km位はありますし、実際の川は蛇行しているのでもっと距離はあると思います。また、途中は緑地帯の様な公園になっているわけではないので、「JR中央本線 / 東京メトロ丸の内線」の「荻窪駅(東京都 杉並区)」からバスを利用して向かう事にしました。

荻窪駅北口(東京都 杉並区)関東バス
「善福寺公園」のバス停までは「荻窪駅」から渋滞とか無ければ15分程度で到着します。公園はバス停のすぐ目の前となります。
かなり昔から公園だったのかと思いましたが、昭和36(1961)年に開園しましたので、今年でちょうど60周年となります。
「善福寺池」は一つの池かと思っていましたが、「上の池」と「下の池」と2つの池になっています。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
公園内には「60」の花文字が見られました。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
今まで知らなかったですが、この水源は明治34(1901)年に飲料水給水を廃止するまで、東京における最古の水道源の一つだったとの事です。
善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
利用はしませんでしたが、ボートもありました。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
「善福寺川緑地」と同様にここでも色々な野鳥が見られるようです。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
訪れた日は「カワセミ」は見られませんでしたが、「かわう」などを見ることが出来ました。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
そんなに大きな公園では無いですが、新緑の中、気持ち良く見られました。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)


善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
「遅野井(おそのい)湧水」です。「善福寺池」の湧水のひとつになるそうです。言い伝えによると文治5年(1189年)、源頼朝が奥州征伐に向かう途中(1189(文治5)年)、この地で飲料水を求めるために土を掘ったのですが、折からの干ばつでなかなか水が出ず、自ら弓の筈(はず)で土を7か所掘ると、しばらくしてその7か所に水が湧き出たといわれています。水の出を「今や遅し」と待ったところから「遅の井」と命名されたとの事です。現在は泉が涸れてしまったので、新たに井戸を掘りポンプで汲みあげて「遅野井の滝」として復元しています。
東京都公園協会のホームページより:
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/view010.html

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
訪れたのは5月となりますが、紫陽花も開花を始めていました。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
「ユスラウメ」です。私の家は20数年前に建て替え、庭の木々も切ったのですが、それまでは庭に「ユスラウメ」があり、子供時代に食べていたことを思い出しました。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
新緑の中、気持ち良く散策ができました。

善福寺(ぜんぷくじ)公園(東京都 杉並区)
そこそこの枚数の写真を撮ることが出来たので、次回に続きますので宜しくお願い申し上げます。
nice!(220)  コメント(18)  [編集]
共通テーマ:旅行

2021年 「善福寺川緑地」 新緑-2 (東京都 杉並区)

2021年 「善福寺川緑地(東京都 杉並区)」の新緑等の紹介です。
毎年、本ブログで桜等を紹介させて頂いている場所となりますが、5月の平日に1人で訪れた事となり、前回の「2021年 「善福寺川緑地」 新緑-1 (東京都 杉並区)」からの紹介となります。
1ヶ月前には桜の花を楽しませてくれた桜の木もすっかり新緑となり、木によっては桜の実が見られました。
サクランボとは違い、食べられるかは不明です。


善福寺川緑地(東京都 杉並区)
善福寺川緑地(東京都 杉並区)
トリミングとなりますので、不鮮明でわかりにくいですが、写真中央部に巣の中にいる「大鷹(と思います)」が見られました。

善福寺川緑地(東京都 杉並区)
以下はほぼ同じ場所で本年(’21年)1月に見たときの写真です。

善福寺川緑地(東京都 杉並区)
途中で公園名が「善福寺川緑地」から「和田堀公園」に変わりますが、緑地帯として続いていますので、歩いていると公園の差は意識しないです。
そしてこの辺りでは色々な種類の野鳥が見られます。

善福寺川緑地(東京都 杉並区)
花の名前と同様、鳥の名前にも疎い事となりますが「カラス」と「鴨」(細かい種類までは分からないですが)等は分かりました。

善福寺川緑地(東京都 杉並区)
善福寺川緑地(東京都 杉並区)
1月に訪れた際には日干し中の池でしたが、現在は水が入っています。

善福寺川緑地(東京都 杉並区)
訪れた日は天候にも恵まれゆっくりと散策できました。

善福寺川緑地(東京都 杉並区)
善福寺川緑地(東京都 杉並区)
善福寺川緑地(東京都 杉並区)
何名の方が望遠レンズで何かを狙って撮影されているように見られました。左側の赤丸です。

善福寺川緑地(東京都 杉並区)
何がいるのか近寄ってみました。
どうやら「カワセミ」のようでした(かなりトリミングしています)
今まで無意識のうちに「カワセミ」を見たことはあるかもしれませんが、「カワセミ」として意識して見たのは今回が生まれて初めてです。
そもそも「カワセミ」の存在は’12年に私がブログをはじめた後、多くのブロガーさんの素晴らしい「カワセミ」のお写真を拝見させて頂いて知ったことになります。

善福寺川緑地(東京都 杉並区)
短い時間の滞在でしたが「カワセミ」も見られ楽しい散策の一時を過ごすことが出来ました。季節ごとにその景色を楽しめそうなので、機会があればまた訪れて見たいです。

善福寺川緑地(東京都 杉並区)

nice!(221)  コメント(19)  [編集]
共通テーマ:旅行

2021年 「善福寺川緑地」 新緑-1 (東京都 杉並区)

2021年 「善福寺川緑地(東京都 杉並区)」の新緑等の紹介です。
毎年、本ブログで桜等を紹介させて頂いている場所となりますが、5月の平日に1人で訪れた事となります。
1枚目の写真は毎年、桜の季節に定点撮影をしている場所です。

善福寺川緑地 東京都 杉並区
本年(’21年)3月の桜の時期に同じ場所から撮影した写真です。

善福寺川緑地 東京都 杉並区
訪れた日は天候にも恵まれましたが、青空が広がっているほどの晴れでは無かったですが、桜の木々の美しい新緑を見られる事ができました。

善福寺川緑地 東京都 杉並区
写真を撮影後に確認して分かったのですが、餌(虫?)捕食している小鳥です。

善福寺川緑地 東京都 杉並区 
そして、「カラス」にカメラを向けたら視線を合わせてきたので一枚パチリ

DSC06513 e01
善福寺川緑地 東京都 杉並区
花の名前には疎いのですが、「ツツジ」と「サツキ」家にもあるので区別がつきます。5月に咲いて(ツツジは4月頃)花の大きさからもこれは「サツキ」だと思いました。

善福寺川緑地 東京都 杉並区
が、、、この花の名称は「サツキツツジ」と言うそうです。ほかの「ツツジ」に比べて1ヶ月ほど花期が遅いのでこの名前が付いたそうです。花の名前の奥深さを感じ、今後も花の名前には疎いままで一生を終えそうです。。。

善福寺川緑地 東京都 杉並区
桜、新緑、そして、紅葉の頃も楽しめそうです。

善福寺川緑地 東京都 杉並区 
善福寺川緑地 東京都 杉並区 
以前にも紹介させて頂きましたが、「つり堀 武蔵野園」さんがあります。そして、隣接して「お食事処」もあります。このお店はテレビ東京の番組「孤独のグルメ」でも紹介されたそうです。
食べログによれば朝の9時から営業しているようです。 アルコールメニューもあるので「朝呑み」もできそうです。
以前、午前11時くらいに訪れて、「昼呑み」をしたことがあります。
今回は家で昼食後、散策したのですが、ここで「昼呑み」をすればよかったと少々、後悔しました。
食べログ:
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131805/13140021/

善福寺川緑地 東京都 杉並区
暫く歩くと古墳時代の住居が見られました。

善福寺川緑地 東京都 杉並区
「推定復元」された「古墳時代後期(6世紀頃)」の住居となります。

善福寺川緑地 東京都 杉並区
「推定復元」との事ですが、確かに「古墳時代」にこのような「鍵」や「アルミサッシのガラス窓」は無かったと思います。。

善福寺川緑地 東京都 杉並区
訪れたときには解説が聞かれる機器は故障中でした。

善福寺川緑地 東京都 杉並区
大きな公園ではないですが、新緑の中、気持ち良く散策出来ました。

善福寺川緑地 東京都 杉並区
そこそこの枚数の写真を撮ることが出来たので、次回に続きますので宜しくお願い申し上げます。

nice!(242)  コメント(22)  [編集]
共通テーマ:旅行

とんかつ 成蔵 (東京都 杉並区)

「とんかつ 成蔵(なりくら)(東京都 杉並区)」さんの紹介です。「東京メトロ 丸ノ内線」の「南阿佐ヶ谷駅(東京都 杉並区)」から徒歩5分程度の場所にあり、本年(’21年)4月に相方と2人で初めて訪れたお店になります。 普通の家のような佇まいのお店です。


成蔵(なりくら)(東京都 杉並区)
元々、「高田馬場」にあったお店となりますが2019年3月にそのお店を閉店し、同年7月にこの地で再オープンされたとのことです。尚、「高田馬場」のお店はお弟子さんが「なりくら」として引き継がれているそうです。

成蔵(なりくら)(東京都 杉並区)
完全予約制のお店となり、「ミシュランガイド東京2021」で「ビブグルマン(星付きのお店ではないですが、ストパフォーマンスの観点から評価されたお店)」に掲載されたお店となります。
2種類の「とんかつ定食」からの選択となります。私たちはランチで訪れましたが、夜もメニューは同じだと思います。
「とんかつ定食」としては金額の「0」が一つ多いように見えるかもしれませんが、このような値段となります。この日はちょうど5種類選べましたので、相方とそれぞれの定食を頼み、5品をシェアして頂く事にしました。
予約制のお店となりますが、メニューは到着時に選べる事になります。

成蔵(なりくら)(東京都 杉並区)
2人で5品選びましたが、日本国内に100頭ほどしかいない幻の最高級豚の原種「梅山豚(メイシャントン)」も+1,000円で選べましたので折角なのでそれも5品に含めました。シャ豚ブリアンかつ

成蔵(なりくら)(東京都 杉並区)
前菜もおしゃれな感じです。

成蔵(なりくら)(東京都 杉並区)
キャベツの盛り付けもきれいです(お代わり自由ではないです)

成蔵(なりくら)(東京都 杉並区)
1品が約60~70gとなりこのような感じで供されます。低温の油でゆっくりと揚げるのが特徴で、それにより油を吸わずに軽やかな衣に仕上がるとの事です。
確かに衣のサクサク感も今まで食べたトンカツとはちょっと違うように感じました。

成蔵(なりくら)(東京都 杉並区)
「ロース」です。2つに切ってありますので、2人でシェアするのも食べやすかったです。 余熱を使って中心まで熱を通しているとのことで、お肉の柔らかさもとても良い感じでした。

成蔵(なりくら)(東京都 杉並区)
「ヒレ」です。

成蔵(なりくら)(東京都 杉並区)
「チーズミルフィーユかつ」です。

成蔵(なりくら)(東京都 杉並区)
こちらはチーズの入っていない「ミルフィーユかつ」となります。

成蔵(なりくら)(東京都 杉並区)
そして、こちらが日本国内に100頭ほどしかいない幻の最高級豚の原種「梅山豚(メイシャントン)」を使った「シャ豚ブリアンかつ」となります。「茨城県」の「塚原牧場」さんで生産を行っているとのことです。 
  成蔵(なりくら)(東京都 杉並区)
写真にはないですが、定食となりますので、ご飯と味噌汁も供されました。
しょっちゅう来られるお店ではないかもしれませんが、美味しい「とんかつ」を食べたくなったときにまた、訪れて見たいと思いました。

nice!(233)  コメント(18)  [編集]
共通テーマ:グルメ・料理

青天上(東京都 杉並区)

「青天上(東京都 杉並区)」さんの紹介です。「東京メトロ 丸ノ内線」の「南阿佐ヶ谷駅(東京都 杉並区)」から徒歩1分程度の場所にあるお店です。 今までに何回かこのブログでも紹介させて頂いているお店となり、本年(’21年)3月相方と2人でに訪れた事になります。
昨年(’20年)10月に「Go To Eatキャンペーン」を利用して訪れたお店で付与されたポイントが残っていたのでそれを利用しました。
居酒屋さんとなりますが、新型コロナウィルスの影響もあり現在はランチ営業も行われているようです。

青天上(東京都 杉並区)
向かい側にも同じ名前のお店があり、そちらが最初に焼き鳥系として開店し、その後、魚系として今回、私たちが訪れた店が開店したことになります。

青天上(東京都 杉並区)
16時に予約して訪れましたので、お店は空いていて、テーブル間もそこそこスペースがあり密を避けられた感じとなります。

青天上(東京都 杉並区)
「呑み放題」も含まれたコースをあらかじめ予約しておきました。

青天上(東京都 杉並区)
「生エビス」も「呑み放題」に含まれていました。

青天上(東京都 杉並区)
利用はしませんでしたが、追加料金で「日本酒20種飲み放題」と言うメニューも選べる様でした。

青天上(東京都 杉並区)
以下、写真の羅列となってしまいますが、久々の外食となりました。

青天上(東京都 杉並区)
「呑み放題」となりますので「ハイボール」や「焼酎」も頂きました。

青天上(東京都 杉並区)
青天上(東京都 杉並区)
魚と肉系の両方を楽しめました。

青天上(東京都 杉並区)
青天上(東京都 杉並区)
青天上(東京都 杉並区)
ダルマの入れ物で供されるのは「煮込み」となります。

青天上(東京都 杉並区)
約2時間の滞在となりましたので、お店を出たのは18時頃となります。私は昼呑みも含め、早めの時間の飲食が好きなのですが、やはり提灯に光が灯っているほうが居酒屋さんらしいですね。

青天上(東京都 杉並区)

nice!(258)  コメント(21)  [編集]
共通テーマ:グルメ・料理

「宇都宮駅」から「新宿駅」まで(’21年2月 栃木県 宇都宮市-2)

「宇都宮駅(栃木県 宇都宮市)」から「新宿駅(東京都 新宿区)」まで等の紹介です。宇都宮には知人がおり時々、訪れる機会があり、本ブログでも何回か紹介させて頂いています。今回、相方と2人で訪れたのは本年(’21年)2月となります。新型コロナの影響もあり前回、訪れた昨年(’20年)の6月以来、少々、間があいた感じとなります。
前回の「「東京駅」から「宇都宮駅」まで(’21年2月 栃木県 宇都宮市-1)」からの続きとなり帰路の紹介となります。
特に観光も外食もしないで、知人宅に1泊させて頂き、翌日、帰路に着きました。
「宇都宮駅」から「LRT(Light Rail Transit)」と呼ばれる「路面電車」の開業予定があり、現在、その工事が進んでいます。当初の予定よりは遅れているようですが2023年3月開業との事です。

宇都宮駅 LRT(Light Rail Transit)
「LRT」の起点となる東口は再開発が進んでおり2022年8月頃に完成予定との事です。

宇都宮駅 東口 再開発
宇都宮駅 東口 再開発
列車の出発時刻までまだ時間がありましたので、「西口」へ訪れて見ました。

宇都宮駅 西口
「餃子の街」として知られていますので、餃子のお店が並んで何軒もある感じでした。

宇都宮駅 西口
折角なので「餃子像」も見ることにしました。当初は東口に設置されていていましたが、再開発の関係で2008年10月に西口に移動したことになります。
西口へ移動しようとクレーンで釣り上げた際に、ワイヤーが外れ、その衝撃で像が壊れてしまうと言う事故もありましたが、修理の上、現在に至っているとの事です。
西口の設置場所は当初はデッキの下でしたが、現在はデッキの上へ2014年10月に移動しています。

宇都宮駅 西口 餃子像
「宇都宮市」の特産である「大谷石」が使われています。

宇都宮駅 西口 餃子像
まだ早い時間だったので、餃子のお店は開店前となり、残念ながら餃子は食べずに帰ることにしました。

宇都宮駅 栃木県 宇都宮市
駅弁を購入して列車の中で食べる事にしました。

宇都宮駅 栃木県 宇都宮市
そろそろ列車の入線時刻になりますので、ホームに向かいました。 「宇都宮駅」は「日光線」の起点駅でもあります。
帰路は「湘南新宿ライン」を利用しました。下り列車が折り返すケースと回送で入線する場合がありますが、回送で入線だと車内清掃が無いのですぐに乗車出来ます。
「宇都宮駅」始発で座れるので、帰路は「東北新幹線」は使わずに「湘南新宿ライン」を利用する事がが多いです。 グリーン車に乗っても新幹線よりも安価なので助かります。

宇都宮駅 栃木県 宇都宮市
帰路は「湘南新宿ライン」を利用しました。「宇都宮駅」始発で座れるので、帰路は「東北新幹線」は使わずに「湘南新宿ライン」を利用する事がが多いです。

宇都宮駅 栃木県 宇都宮市
グリーン車に乗っても新幹線よりも安価なので助かります。

湘南新宿ライン グリーン車
「岩下の新生姜とりめし」を選びました。

岩下の新生姜とりめし 駅弁 宇都宮駅
「岩下の新生姜」は東京のスーパーなどでも普通に購入出来ますが、「岩下食品」さんは「栃木県 栃木市」の会社であることは今回初めて知りました。
そして、「栃木県 栃木市」には「岩下の新生姜ミュージアム」もあるそうです。
「岩下の新生姜」が添えられているだけかと思いましたが、全てに生姜系の味付けがされていることになります。

岩下の新生姜とりめし 駅弁 宇都宮駅
このような感じの駅弁となります。 鶏肉も栃木県産の「いっこく野州(やしゅう)どり」を使用しているとのことです。

岩下の新生姜とりめし 駅弁 宇都宮駅
いつ食べても飽きの来ない「岩下の新生姜」です。

岩下の新生姜とりめし 駅弁 宇都宮駅
卵の下には鶏そぼろが入っています。 駅弁を食べながら無事に「新宿駅」に到着しました。

岩下の新生姜とりめし 駅弁 宇都宮駅
お土産は「栃木県 宇都宮市」の「髙林堂」さんの「宮のかりまん」となります。揚げたてのカリカリの皮が「かりんとう」のような食感があり好きなお菓子の一つとなります。 訪れたのは2月となりますが、季節限定の「桜のかりまん」も購入できました。

栃木県 宇都宮市 髙林堂 宮のかりまん
GWにも「宇都宮」に訪れる予定でしたが、新型コロナウィルスの影響もあり、実現しませんでした。
早く、往来が自由になれば良いと思っています。

nice!(225)  コメント(20)  [編集]
-  |  次の10件 »
Copyright © ぼんさんの記憶帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます